嵐・二宮、連ドラで先生役に初挑戦!役作りのため高校で“教育実習”

デイリースポーツ 1月26日(日)6時58分配信

嵐の二宮和也(30)が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望(仮)~」(土曜、後9・00)に主演し、先生役に初挑戦することが25日、分かった。

 超進学校を舞台にした青春学園ドラマで、二宮は独自のセオリーを武器にへっぽこ野球部と甲子園を目指す“変人教師”田茂青志(たも・あおし)を演じる。役作りのため高校で教壇に立ち“教育実習”を行う。

 演技派で知られる二宮が先生役に初めて挑む。「先生という存在は、誰もが接してきた存在。見ていて気持ちがいいキャラクターになっていければ」と抱負を語る。

 ドラマは、高校野球の常識を覆す大胆なセオリーを書いた高橋秀実氏の著書「『弱くても勝てます』 開成高校野球部のセオリー」を基に、オリジナルストーリーとして書き上げた青春学園ドラマ。

 毎年、東大に200人を送り出す超進学校に、30歳目前にして新人教師としてやってきた生物の先生・田茂青志が、へっぽこ野球部の監督になり、独自のセオリーを武器にチームと甲子園を目指す。

 「甘い球を投げろ」「どうせ20点取られる。ドサクサに30点取って勝つんだ」といった、常識にとらわれない作戦を打ち出す先生役を演じるため、二宮は3月上旬のクランクインを前に高校の教壇に立つことも決定。

 訪問先の高校は、ドラマの公式HPで募集し、4校ほどをまわる予定。「今回、初の先生役、しかも野球部の監督役ということで、全国の高校に武者修行としてお邪魔させていただきたい。お邪魔していい高校ありましたら、ご連絡ください」と呼びかけた。

 制作サイドは、つかみどころのない先生役も二宮なら演じきれると出演をオファーしており、シリーズ化も狙う。“教育実習”を経験した二宮が作り出す、新たな先生像に期待が寄せられる

嵐・二宮、初教師役“武者修行”で全国の高校訪問へ!

サンケイスポーツ  1月26日(日)7時0分配信

 嵐の二宮和也(30)が、4月スタートの日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~(仮)」(土曜後9・0)に主演し、教師役に初挑戦することが25日、分かった。初の教師役に二宮は「基本的に後輩が苦手で…」と心境を吐露。不安を払拭するため、「全国の高校に武者修行としてお邪魔させていただきます」と明かした。二宮が訪問する高校は番組ホームページで募集。ドラマはノンフィクション作家、高橋秀実氏の著書「『弱くても勝てます』開成高校野球部のセオリー」(新潮社)を基にしたオリジナルストーリー。有名進学校の東京・開成高をモデルにしたドラマではないという。

二宮和也監督、弱小校で甲子園目指す ドラマで初教師役

スポーツ報知 1月26日(日)7時3分配信

 「嵐」の二宮和也(30)が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望(仮)」(土曜・後9時)で、初の教師、高校野球の監督役で主演する。

 13年の東大進学者数で全国NO1となるほどの進学校でありながら、12年夏の東東京大会で2勝するなど健闘している開成高校野球部にノンフィクション作家の高橋秀実さんが密着した著書「弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー」にヒントを得たオリジナル作品。二宮は、東大卒の生物教師で、母校の弱小野球部の監督となり一見ヘンテコな“セオリー”を提唱する主人公・田茂青志を演じる。

 日テレの連ドラ初挑戦となる二宮は「先生役が挑戦そのもの」と意欲。少年野球の経験者でもあり、実体験した定石も盛り込む。同年代の監督が活躍する姿に刺激を受けているようで「(キャストの)みんなとがんばっていきたい」。

 24日には、進学校の小山台高が独自の練習法で、都立初のセンバツ切符をゲットしたばかり。「ニノ監督」の手腕にも注目が集まりそうだ

二宮和也が連ドラで初の先生役

日刊スポーツ 1月26日(日)6時43分配信

 嵐の二宮和也(30)が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望(仮題)~」(土曜午後9時)で、教師役に初挑戦することが25日、分かった。

 ノンフィクション作家の高橋秀実氏の著書「『弱くても勝てます』 開成高校野球部のセオリー」が原作だが、コメディー要素も含む青春群像劇に生まれ変わる。

 日本有数の進学校の私立高校に臨時教師として赴任した主人公が野球部監督に就任。独特の理論と哲学で独自のセオリーを編み出し、弱小野球部を甲子園に導こうとする姿を描く。

 二宮は東大大学院修了で理屈っぽく、面倒臭い男だが、疑問は徹底的に掘り進める生物の臨時教師、田茂青志を演じる。

 

以上!!

好久沒有貼新聞報導了喔XD

二宮終於從萬年高中生畢業

要挑戰老師的角色了

等二宮先生的日劇(SP不算)

從流星之絆到這部

已經經過4年的時間了啊

不知道會是以甚麼樣的形象跟甚麼樣的個性出現在大家的面前

目前只知道角色是個30歲的怪人老師.....

新潮社書籍的官網:

http://www.shinchosha.co.jp/book/473804/ 

是棒球教練哪

相信到時候一定有不少的外景戲

這樣就能讓這位每天窩在家裡打電動的二宮先生多多走走了

不知道會不會改變他的一塊肌XD

 

女主角還沒有公布

只說了是去年廣告量很多的女生

不過比起女主角我更想看到的是水口琢磨....喔是松田龍平啦XD

很希望可以看到松田龍平跟Nino共演

其實也蠻想看到西島秀俊跟Nino共演日劇

可是他在4月期好像也已經有其他的戲劇演出了XD

先這樣!!

請松本先生要陪著二宮先生蕊劇本喔XD

 

 

 

 

 

 

創作者介紹
創作者 akane 的頭像
akane

信じることがすべて

akane 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()